女性ホルモンと上手に付き合う

女性の体内では1ヶ月の間で2種類の女性ホルモンが大きく変化します。周期を見て上手に付き合いましょう。

女性ホルモンと上手に付き合う

女性ホルモンと上手に付き合う 女性は1ヶ月の間で2種類の女性ホルモンの分泌量が変わります。ストレスや環境の変化、体調によってこのホルモンの分泌量も変動してくので女性はこの女性ホルモンと上手に付き合って体のバランスを維持することが大切です。女性ホルモンには卵胞ホルモンと言われるエストロゲンと、黄体ホルモンと言われるプロゲステロンが存在します。

エストロゲンは特に女性らしい体を作るのに大切な女性ホルモンです。美容にも大きく関わっていて、コラーゲンやエラスチンといったハリ弾力をつくる繊維を生み出す繊維芽細胞という細胞を活性化させる働きをもっています。エストロゲンが豊富だと女性らしい肌の透明感やハリ感などを維持することができます。プロゲステロンは生理前から生理中に多くなる女性ホルモンです。妊娠中もこのホルモンが常に優位になっています。プロゲステロンが活発に働くと妊娠シミの原因ともなります。

一番大切なのはこの二つのホルモンのバランスを維持することです。ストレスをためず、規則正しい生活を心がけてこのバランスが乱れ無いように意識しましょう。25歳前後をピークにし、女性ホルモンは徐々に減少していきます。50歳前後になると急激な現象による更年期の症状が現れる場合があります。大豆イソフラボンを摂るようにするなどなるべく急激な現象を避けるようにするのも大切です。


Copyright(c) 2014 女性ホルモンと上手に付き合う All Rights Reserved.